【感想】BB3 Regg1 - Feelcycle

2021.04.19
2021.05.12
【感想】BB3 Regg1 - Feelcycle
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン
  • 塗りがあるバイクアイコン

2021/4/19現在、feelcycle最強と名高いBB3 Regg 1!


そのように言われるに値する超高強度プログラムです。




私、受ける前まではずっとあり得ないぐらい強度の高い曲ばかり集めた、

いわゆるゲームでいうところの「無理ゲー」的なプログラムなのかな、と思っていたんですね。



でも全然そんな事はなく、

超高強度曲とそこまでではない曲がいいバランスで組まれています。


うまい人からすれば、楽しくも挑みがいのある良プログラムなんだろうなぁと思います。

(もちろん私は漕げないんですけどね 😂w)




曲もノリがいい曲が多く漕いでいて楽しいし、

難しい曲ほどテンションが上がる曲が多いのもいいですね!

強度

最強と言われるだけあって強度はとてもとても高いです!

level BB BSW BSB BSL Event
12 100回受けたら漕げるようになってたらいいな... BB3 Regg 1BB3 Hous 3
11 20,30回に1回調子がいいと漕げる BB3 HH 2BB3 WORLD 1BB3 Soul 1
10 慣れれば2回に1回走破出来る BB3 Hous 1BB3 Rock 2BB3 UPGD 1 BSBi Hous 1
9 慣れればだいたい走破出来る BB3 Hit 4BB3 Rock 1BB3 HH 1
8 走破出来るけど終わった後に余裕がない BB3 Hit 5BB3 Hit 6BB3 Hous 2BB2 METAL 1BB2 Hous 3 BB2 2017BB2 2018
7 終わった後に余裕がある BB2 DVGT BSWi Hous 1BSWi Hous 2BSWi HH 1 BSB Hit 6 BSL Hous 1 BB2 2019

この難易度になると個人差も激しいので、

一概に言えませんが最高難易度の1つなのは間違いありません。




構成は全体的に難易度が高い曲ばかりで、その中に数曲高強度の曲が配置されています。


曲が進むにつれドンドン体力を消耗した中で、

最後から2曲目、このプログラム1番の難所となる「Carnival Feeling」(通称カーニバル!)を迎えます。



休憩曲らしい休憩曲はありませんが、

「この曲で少しでも息を整えておいてね」という意図の曲が数曲あります。


そして意外とRUNは少なく2/11。




動作は、

  • (プッシュアップダウンキープから)2アップ1ダウン
  • 超高速 シングル プッシュ&エルボー
  • ポジション変えながらオフビートエルボーダウン
  • オフビート タップ&プッシュ(しかもこれにコンビネーション加えながら)
  • 1,3,5,7 タピバ

などなど、珍しい動作・面白い動作が色々出てきます!



構成

1. Money 2 Burn - T.O.K.

曲の長さ:3:32

4: HARD
主な動作・特徴
  • P3 DT プッシュアップ
  • P3 DT タップ&プッシュ

1曲目から中々に速いです!

そしてP3ダブルタイムから1度も脚を緩めません。



開始早々P3ダブルタイムで立ち上がり、タピバ。

タピバのみは最初だけで以降出てきません。


この後は2カウントプッシュアップとタップ&プッシュを繰り返します。



身体を温めておきましょう。

この後の2,3曲目が早速キツいので 😂

2. Pon De Floor (feat. VYBZ Kartel) - メジャー・レイザー

曲の長さ:3:33

5: SO HARD
主な動作・特徴
  • P3 リズム プッシュダウンキープ
  • (プッシュダウンキープから)P3 DT 2アップ1ダウン

2曲目にしてとてもキツいです!


P3リズムでスタートし、まもなくプッシュダウンキープ。


その状態からダブルタイムにスピードアップ!


しばらくノーバウンドでのダブルタイムを漕いだ後、そのまま2アップ1ダウンを開始!

そしてこの2アップ1ダウンを最後まで繰り返し続けます


2曲目にして超ハードです。



2アップ1ダウンという慣れない動作を結構の速さでこれでもかというぐらいに繰り返すので、

まぁキツい!

3. Waiting on the Stage (feat. Badjohn Republic) - マシェル・モンタノ

曲の長さ:3:42

5: SO HARD
主な動作・特徴
  • P2 DT プッシュ&エルボー
  • P3 RUN

2曲目の疲れが残る中、3曲目もハードです!

爆速P2ダブルタイム&コリオ と P3 RUNのセット



P2ダブルタイムで始まり、

  • 2カウント プッシュ&エルボー → シングルカウント プッシュ&エルボー
  • P3 64カウント RUN

これを3回。

3回目のRUNの時だけ少しRUNの時間が長くなります。



テンポが速い!

そんな中のシングルカウント プッシュ&エルボーからの間髪入れずのRUNはこたえます、、

4. Raggamuffin School (feat. Yaniss Odua) - Skarra Mucci

曲の長さ:4:01

3: NORMAL
主な動作・特徴
  • P3 DT 4カウントプッシュ → 2カウントプッシュ
  • P3 DT サイサイ → プッシュ

ここから3曲が回復曲です!


とは言っても普段出てこない動作が多く、1回も座らないし、

全然「あぁ休める」ていう感じはないんですけどねw


しかしこのプログラムにおいては回復ポイントになります。




ゆっくりめのP3ダブルタイムで

  • シングルカウントのサイサイ
  • 様々なカウントのプッシュアップ

を組み合わせたコリオです。



メインとなるのは、

  • P3ダブルタイム 4カウントプッシュアップ2回 → 2カウントプッシュアップ4回
  • P3ダブルタイム シングルカウントサイサイ → 2カウントプッシュアップ4回

です!

サイサイからのプッシュアップ、珍しいですよね。

5. You Don't Love Me (No, No, No) [Extended Mix] - ドーン・ペン

曲の長さ:4:37

4: HARD
主な動作・特徴
  • ポジションを変えながらオフビートエルボーダウン
    • P3 → P5 → スタンディングP1 → スタンディングP2 → P3 → P5
  • P5 リズム オフビートエルボーRL
  • P5 リズム クラウチング

ポジションを変えながらオフビートエルボーダウンをしていきます。

そして最後にP5でのクラウチングしたままエルボーダウンをしていきます。


P5クラウチング、更にそのままエルボーダウンとは。珍しいですね。



テンポはゆっくりとはいえ、最後のクラウチングはかなり長いので、

どこまで忠実にやるかで疲れが変わってくるはず。

(私はここは結構ゆるゆるなクラウチングになってますw)




P3ダブルタイムスタートでオフビートエルボーダウンし、

P3 → P5 → スタンディングP1 → スタンディングP2 → P3 → P5

の順でポジションチェンジ。


ここ記憶が曖昧で最初P5スタートだったかも。。



ダブルタイムですが全然速くありません、普通にリズムぐらいのペース。


この後は、そのままP5でオフビートのエルボーRLをし、クラウチングに入ります!



P5でクラウチングをしたまま、しばらく漕ぎその状態を継続し、

  • P5 オフビート エルボーRL(クラウチング継続)
  • P5 オフビート エルボー(クラウチング継続)

です。

6. Rock Away - ベレス・ハモンド

曲の長さ:3:59

3: NORMAL
~
4: HARD
主な動作・特徴
  • P3 DT オフビートプッシュ&エルボー
  • P3 DT オフビートエルボーダウンRL
  • P3 DT オフビートタップ&プッシュ

P3 ダブルタイムで、

  • オフビートプッシュ&エルボー
  • オフビートエルボーダウンRL
  • オフビートタップ&プッシュ

この3つを8カウント?16カウント?ずつでグルグルループしていきます。



最後は上記3つのコンビネーション。

オフビートプッシュ&エルボー → オフビートエルボーダウンRL → オフビートダブルタップ&ダブルプッシュ




余談なんですが私このオフビートがめちゃくちゃ苦手で、

最初に受けた時脚が逆になったりリズムに乗れなかったり大変でしたw

7. Is This Love (feat. LVNDSCAPE & Bolier) [Remix] - ボブ・マーリー & ザ・ウェイラーズ

曲の長さ:3:19

4: HARD
~
5: SO HARD
主な動作・特徴
  • P3 DT 1アップ3バック
  • P3 リズム クラウチング → DT

クラウチングからの1アップ3ダウンがメインの曲!

結構脚速い。そして、曲中ほぼほぼP3ダブルタイム..!😭



ここからまた強度が高くなってきます。


クラウチングの姿勢が苦手な人や、

速めのP3ダブルタイムを長く漕ぐのに慣れてない人だと結構キツく感じるかもしれません。




まずP3 ダブルタイムでスタートしタピバ。

このペースで結構な時間チャカチャカ漕ぐので少しトルク普段より軽くしておくといいかも



少し経つとスピードダウンし、P3リズムでクラウチング。


しかし「まだそんな休めてないぞ?」と思うぐらいすぐにそのままダブルタイムにスピードアップ!


その態勢から1アップ3ダウンをします。

タピバの逆みたいな感じで、1カウント目だけP3で残りがクラウチングの状態。



しばらくすると、P3リズムでのクラウチングに戻ります。

そしてまた、ダブルタイムにスピードアップ → 1アップ3ダウン。




超余談ですが、私的にこのプログラムの中で1番好きな曲です☺️

爽やかでとても気持ちいい✨

8. Pon De Replay (feat. Elephant Man) [Remix] - リアーナ

曲の長さ:3:37

4: HARD
主な動作・特徴
  • ダンベル
  • トライセップス
  • フライ

ダンベル!

トライセップスとフライの2つを行います。

  • トライセップス 2カウント → シングルカウント
  • フライ 2カウント → シングルカウント
  • トライセップス 2カウント → シングルカウント

めちゃくちゃキツくはないですが、

この後の事を考えると回復したいんだけど、回復する余裕を与えてもらえないダンベル曲です。

9. My Life So Happy - ビーニ・マン

曲の長さ:2:58

4: HARD
主な動作・特徴
  • P3 DT プッシュアップ
  • P3 DT タップ&プッシュ

この後2曲が鬼!なので、

多分出来る人からすると脚を極力温存して息を整えておく曲、だと思われます。



内容はずっとP3ダブルタイムで、

プッシュアップとタップ&プッシュを繰り返します。



曲の途中に少しだけP3ダブルタイムのみの時間がありますが、

(常連さんはハンズアップするところ)

そこ以外はずっとプッシュアップとタップ&プッシュしているので、普通に疲れる 😂

10. Carnival Feeling - Roy Cape & Rita Jones

曲の長さ:3:21

5: SO HARD
主な動作・特徴
  • P3 DT タピバ(1,5)
  • P3 DT タピバ(1,3,5,7)

さぁカーニバルです!!😎


難しさの感じ方は人それぞれ。ですが、

Feelcycle最強プログラムの最難関曲、と思わてる人も多い曲かと思います。



主な内容としては、高速P3ダブルタイムでのタピバ(1,3,5,7) です...!!


「え、タピバ?」て感じかもですが、

こんな高速なP3でずっとタピバし続けるの?お尻どっかに飛んでくよ??

というのがカーニバルの特徴です。




P2 ダブルタイムでスタートし、P3ダブルタイムでタピバ(1,5)

その後は、

少しだけシッティング → P3ダブルタイム → P3タピバ(1,3,5,7)

この流れを2回繰り返します。


そしてこの2回目の1,3,5,7タピバがすごく長い...!!



私はこの1回目のタピバでヘロヘロで、

2回目死ぬ気で回しても後半全然追いつきません。笑

11. Bubble Gum (feat. T.O.K.) - dEVOLVE

曲の長さ:3:47

5: SO HARD
主な動作・特徴
  • スタンディングファスト
  • P3 RUN

ラスト!!

BB2 2017のラストにもなっているので意外と馴染みのある方は多いはず。


しかしBB3 Regg 1の最後の時は、ここまでの疲れがあって息も絶え絶え。

一味もふた味も段違いにキツく感じます...!!




内容はかなりシンプルで、

P3 RUNとスタンディングファストを繰り返します。

  • P3 64カウント RUN
  • スタンディングファスト 8カウント → 4カウント
  • P3 64カウント RUN
  • スタンディングファスト 8カウント → 4カウント
  • P3 96カウント RUN

ここまでの疲れがある中、

スタンディングファストでの立って座ってだけでもキツいわけですが、

それに加えてRUNです!


しかも最後は96カウント!

おすすめ

プロフィールの背景画像 プロフィール画像

Yuki Takara

都内でフリーランスのエンジニアをやってます。
運動しようと思って始めたfeelcycleにドンドンのめり込み、気付いたらこんなブログを書くぐらいに好きになっていました。笑