package-lock.jsonをyarn.lockに変更する

2022.05.29
package-lock.jsonをyarn.lockに変更する

ReactやVue・TypeScriptのプロジェクトなど、JavaScriptを用いたプロジェクトの場合、

npmyarnを用いてライブラリを管理するのが一般的です。



npm(package-lock.json)で始めたプロジェクトで依存関係を保ったままyarn(yarn.lock)に移行する方法をご紹介します。

検証した環境

1 yarn 1.22.19

package-lock.jsonからyarn.lockに移行する

結論から書きますと yarn import というコマンドを利用します!

$ yarn import
yarn import v1.22.19
info found npm package-lock.json, converting to yarn.lock
・・・

実行後はyarn.lockが作成されています!


This command assists the migration of projects currently relying on package-lock.json, minimizing the differences between the lockfile and the existing dependency tree as best as it can.

[翻訳] このコマンドは、現在 package-lock.json に依存しているプロジェクトの移行を支援し、ロックファイルと既存の依存関係ツリーとの間の差異を可能な限り少なくするものです。


yarn import | Yarnより引用


注意点

いくつか気をつけると良さそうな点があって、

  1. 上の翻訳に記載されている通り「ロックファイルと既存の依存関係ツリーとの間の差異を可能な限り少なくするもの」と100%の移行と言い切っていない
  2. package-lock.jsonは自動的に削除されない (削除とコミット忘れ注意)
  3. npm-scripts内でnpm run buildのように利用していないかを確認
  4. READMEの更新、チームへの周知

といったものがあります。




そのため、

動作確認やコミット忘れ、共有・周知を忘れないようにすると良さそうです。

おすすめ